グラスオール化粧品の口コミ情報はコチラ

紫外線対策と服装の関係は?

 

 

紫外線対策をすることは、単に日焼けを防ぐだけではなく肌トラブルの回避につながります。それは美容に直結するものであり、女性にとって紫外線対策は欠かせないものであるといえるでしょう。
紫外線というのは基本的に日光に含まれているので、日光そのものを遮るような服装をするのが良いでしょう。日光やその紫外線を効果的に遮る服装としては、全体的に黒などの濃い色のものや、ポリエステル・羊毛・ビニロンといった材質でできたものを身につけることがあげられます。
ただ、このような紫外線を遮る材質の服の多くは、一年中着られるわけではなく、季節が限られてきます。とりわけ日本の夏は気温と湿度が高いので、いくら紫外線が強いとはいえ、熱がこもるような服装をするのはあまりお勧めできません。
例えば、羊毛製の服の場合、編み目の細かいほうが編み目の粗いものよりも紫外線を通しませんが、かんかん照りの夏日にしっかりとした羊毛服を着ていると、当然ながら暑くて耐えきれなくなります。同様に、紫外線を通さないポリエステルで色味の濃い黒色などの服も、見た目からして重い感じがし暑苦しくもあります。目が細かいポリエステルや羊毛というのは、夏よりも冬場に使われるのが一般的です。
また、ビニロンを使った服を着て紫外線対策するという方法もありますが、ビニロンは作業着の素材などに使われるものなので、おしゃれな服の素材には用いられていない傾向があります。
美容のために紫外線対策に効果的な服を選ぶことは大切ですが、おしゃれの要素や実用度の高さを欠いてしまっては本末転倒なので、十分に時間をかけて季節に合った服を選んでいきましょう。